エクオールサプリとイソフラボンとの違いは何?

MENU

エクオールは元を正せば大豆イソフラボンから作られる物質なんです

エクオールサプリと最近ではもてはやされていますが、実はエクオールの元になるのは大豆イソフラボンなんです。
通常は、大豆イソフラボンを摂取すると腸内でエクオール産生菌という腸内フローラの中の菌がエクオールを作ります。
その作られたエクオールが女性ホルモンであるエストロゲンと同様な働きをすることでさまざまな更年期の症状を和らげてくれます。

 

なので、エクオールとイソフラボンは親子のようなもので、エクオールは大豆イソフラボンが菌によって作られた物質です。

 

ではなぜ、大豆イソフラボンではなくエクオールを購入した方がいいのか?あるいはエクオールがこんなに爆発的に売れているか?
というと理由があります。

 

実は、日本人女性の2分の1の人は大豆イソフラボンからエクオールを産生することができないんです。
つまり、いくらイソフラボンをたくさん摂取してもエクオールを作れないため、更年期のさまざまな症状が変わらない、
あるいは悪化してしまうことがあります。

 

あくまで、更年期障害の症状に有効とされている女性ホルモン様の成分はエクオールですから、
大豆イソフラボンをいくら過剰に摂取しても無駄なのです。

 

それが分かってきたのが最近の研究で、なので、今エクオールサプリに注目があたっているのです。

 

もし、興味がある方は、病院で自分の身体が大豆イソフラボンからエクオールを産生できるのか?検査することができます。
これは血液検査で分かりますので、事前に病院に連絡してそういう検査をしてもらえるかどうかを確認してみましょう。

 

病院へ行くのが面倒であれば、アマゾンでエクオール検査キットと検索すれば数千円で検査キットがてにはいります。
エクオール検査ができる病院が近くにない場合や、面倒な場合、忙しくて時間がない人はこれを使えば一発です。

 

もし、あなたが、更年期障害でさまざまな、症状に苦しんでいるのであれば是非、エクオールサプリを試されることをお勧めします。
多くの人がエクオールで更年期症状の改善ができてきています。

 

頑張ってください。